Snyk Container

開発者ファーストのコンテナセキュリティで簡素化する

コンテナと Kubernetes セキュリティにより、開発者と DevOps は SDLC 全体でワークロードが本番環境に到達するに脆弱性を発見して修正できます。

On-demand Snyk demo

Watch our recorded demo to see how teams can find and fix vulnerabilities across code, dependencies, container images, and cloud IaC.

コンテナとワークロードの脆弱性を見つけて自動的に修正

Snyk の開発者ファーストのアプローチにより、コンテナセキュリティに対する壁がなくなり、チームは何千万件もの脆弱性を発見して修正できます。

対策の自動化

開発者向けにベースイメージについての提案を表示し、自動的にアップグレードして脆弱性を解決します。

対策の自動化

開発者向けにベースイメージについての提案を表示し、自動的にアップグレードして脆弱性を解決します。

コンテキストを考慮したモニタリング

脆弱性を継続的にモニタリングし、コンテキストと悪用可能性に基づいて対策に優先順位を設定できます。

依存関係のセキュリティを確保する

ベースイメージや Dockerfile コマンドで使用されるオープンソースの依存関係の脆弱性を発見し、修正できます。

コンテナが本番稼働する前に開発者が脆弱性をすばやく修正する

wordpress-sync/illustrated-ui-snyk-container-full

対策ガイダンス

Snyk Container では、開発者は各イメージのリスクについて知ることができ、ワンクリックでアップグレードや代替イメージの推奨が表示されます。

優先順位を設定してノイズを低減

優先度スコアリングにより、攻撃の練度や安全でないワークロード設定などのリスクシグナルに基づいて、最も重要な問題に注意を集中できます。

アプリケーションとコンテナを一元管理

統合された開発者セキュリティプラットフォームから、コンテナおよびコンテナに含まれるオープンソースの依存関係を一度にスキャンできます。

開発者のために設計

Snyk Container を使用すると、開発者は脆弱性の含まれる Dockerfile コマンドと依存関係に直接アクセスできるため、セキュリティの専門知識は必要ありません。

SDLC 全体でコンテナと K8s ワークロードの脆弱性を検出しましょう

統合 IDE チェック

コーディング中にベースイメージの依存関係、Dockerfile コマンド、Kubernetes ワークロードの脆弱性を検出し、問題の早期解決と開発時間の短縮を実現できます。

ネイティブ Git スキャンおよびモニタリング

PR をスキャンし、リポジトリから直接プロジェクトをテストできます。毎日のモニタリングを有効にして、脆弱性をすばやく見つけて修正しましょう。

パイプラインから本番環境までセキュリティを確保する

CI/CD でビルド時に脆弱性を自動的にスキャンし、実行環境をテストすることで、新たな脆弱性を除去できます。 

お使いのツールと統合

Snyk Container ではご希望のエコシステムを選択でき、既存のツール、パイプラインおよびワークフローとシームレスに統合できます。

継続的にモニタリングして導入後も保護する

website-illustration-ui/illustration-ui-full-snyk-issue-summary-report

新しい脆弱性を自動的にスキャンする

イメージをモニタリングして、新たに発見された脆弱性やベースイメージの更新を調べ、Slack、Jira、電子メール、またはカスタム統合でアラートを受け取ります。

K8s で実行中のコンテナをモニタリング

Kubernetes クラスターで新たにデプロイされ、更新されたワークロードを調べ、Kubernetes ワークロードで安全でない可能性のある設定を検出できます。

レポート作成および優先順位の設定

アプリケーションのセキュリティ状況を一元的に把握し、依存関係の監査可能なインベントリで問題をモニタリングし、コンテキストを考慮した優先順位を設定できます。

Snyk Container の統合

Snyk Container は、さまざまなコンテナイメージのオペレーティングシステムとパッケージマネージャー、Kubernetes フレーバー、およびコンテナレジストリと連携できます。

Kubernetes プラットフォーム

  • Amazon Elastic Kubernetes Service (EKS)

  • Microsoft Azure Kubernetes Service (AKS)

  • Google Kubernetes Engine (GKE)

  • Red Hat OpenShift

  • VMware Tanzu Grid

  • および Kubernetes でビルドされた他のプラットフォーム

コンテナレジストリ

  • Docker Hub

  • Amazon Elastic Container Registry (ECR)

  • Microsoft Azure Container Registry (ACR)

  • Google Container Registry (GCR)

  • JFrog Artifactory

  • VMware Harbor

  • Red Hat Quay

コンテナベースのオペレーティングシステム

  • Amazon Linux

  • Red Hat Enterprise Linux and UBI

  • Alpine Linux

  • Debian

  • Ubuntu

  • CentOS

  • Oracle Linux

Natera

「ランタイムの本番稼働前にコンテナをスキャンできて良かったと思っています。コンテナの脆弱性はあまり注意していなかったため、会社として目を見張るような経験になりました。脆弱性に対する意識が高まり、自動化が進みました。これはエンジニアリングチームが CI/CD を実践する際の品質改善の考え方に合致しています」。

Charlotte Townsley

Director, Security Engineering, Natera

初めてでも、ランタイムでも、いつでも

Snyk Container は、当社のクラウドセキュリティソリューションに含まれています。クラウドを導入する環境は流動的な状態にあるため、クラウドセキュリティツールも最新の状態に対応していく必要があります。

Code security

Secure your first-party code with self-service security, without leaving your daily workflow.

IaC セキュリティ

導入前から IaC のセキュリティを確保し、発生した瞬間にドリフトを検出します。

コンテナセキュリティ

導入前からベースイメージと K8s マニフェストのスキャンを行いましょう。Sysdig でランタイムのセキュリティを確保できます。

Software transparency

Snyk enables software transparency, providing both export and evaluation of software bills of materials (SBOMs).

Snyk Container を使ってみる

脆弱性スキャン、自動修正、ベースイメージの推奨により、コンテナおよび Kubernetes ワークロードのセキュリティを確保できます。

エンタープライズ

ライセンスコンプライアンス

Jira 統合

レポート

豊富な API

カスタムユーザーロール

セキュリティポリシー管理

Self-hosted container registries, including Docker Hub, ECR, ACR, GCR

Kubernetes monitoring and prioritization

Custom base image recommendations

Patch Logo SegmentPatch Logo SegmentPatch Logo SegmentPatch Logo SegmentPatch Logo SegmentPatch Logo SegmentPatch Logo SegmentPatch Logo SegmentPatch Logo SegmentPatch Logo SegmentPatch Logo SegmentPatch Logo SegmentPatch Logo Segment

Snyk (スニーク) は、デベロッパーセキュリティプラットフォームです。Snyk は、コードやオープンソースとその依存関係、コンテナや IaC (Infrastructure as a Code) における脆弱性を見つけるだけでなく、優先順位をつけて修正するためのツールです。世界最高峰の脆弱性データベースを基盤に、Snyk の脆弱性に関する専門家としての知見が提供されます。

無料で始める資料請求